ブランドの価値とは

『価値』というものはだれが決めているのか、という点に関して、私達は疑問を抱くことがあります。
例えばAという商品があって、それは世間的にもとても価値が高いものである、とされていますがそれはあくまで世間的にであって、その人がその商品Aに価値が亡いと判断してしまえば、それは「全ての人に取って」価値のあるものではなくなります。
その逆もまた然りですが、実際問題はそうはいかず、私達の価値基準というものは、往々にして他人に流されやすいものである、といえます。
ある人とある人がとても良いと思っており、そしてそれを便利に使用している姿を見て、その人達がそれに価値を見いだしていることが分かるなら、今までそれに価値を見いだしていなかった自分であっても、もしかするとそれはとても高い価値のものではないか、と判断するかもしれません。
逆に他の大勢の人が、価値が亡いと判断したものであれば、今まで自分が高い価値を持っていると思っていたものでも、すぐに考えを変えてしまうかもしれません。
そういった流されやすいのが私達ですから、本当に自分に取って価値のあるものがどういうものなのか、という点は考えづらくなっており、判断が難しくなっているといえます。

そういった中において、いわゆる『ブランド』とされている商品やそれ以外のものは、まさに「大勢」の中でそれが高価な価値のあるものであるとされており、少なくとも私達消費者はそれに左右されています。